打ち抜き井戸とは?

 

ネットサーフィンをしていたところふと、自分で掘れる井戸についてのHPを見つけた。(曽我部さんのHP


そのHPを手始めに色々勉強をしてみた。どうやらその方式とは打抜き井戸というものらしい。普通想像する井戸とは、掘りぬき井戸といわれる人が入れるくらいの大きさの井戸だ。打抜き井戸は、せいぜい10cm程度の穴を掘りパイプを入れることでその周囲の水を引き込んで、それをくみ上げるらしい。????
つまりは打ち込んだパイプ内の水を利用する形かな?湧いて出てくる水の量が少なければすぐなくなるでしょ。
だって、内径80mmのパイプとして水深2mとすればパイプ内水量

4*4*3.14*200=10000ml=10リットル
しかないじゃない?
まあ、湧き出てくる水の勢いがよければ実用

に耐えるのかな?まあ、失敗してもいいか〜くらいの勢いで

掘ってみることにした。

 

打ち抜き井戸の利点

・掘り出す土砂が少ない

・簡単な道具で掘れる

         ⇒ボーリングの機械などは不要

逆に不利な点は

・そんなに大きくない石でも掘削中に出てくると

 それ以上ほれなくなる

・水量が不足することがある

・地下で何がおきているか見えない

 

色々な方々のHPを見ているうちに、自分でほれないわけがない!っていう気分になってしまったので掘ることにしました。

 

Home         次のページへ           

                                                       

 

inserted by FC2 system