1号井戸 井戸掘り日記

 

井戸枠

        深さ 土質 水 穴掘り機                                  

  0  黒土       シャベル 軟らかいが木の根が邪魔で時間がかかる

  10

  20

  30

  40 建設残土  1号機

  50 +砂利               建設時の砂利が4-5cmの層があり掘り出しに苦労

  60

  70

  80

  90  赤土

  100

 

 

 

  200                     水を足しながら掘削

  210                      

  220

  230

  240

  250 赤土

  260 +砂

  270                            2.7bで出水

  280

  290

  300                     1/22:0cm〜300cmまで掘削。3時間。

  310 粘土               粘土が固く、刃と塩ビパイプの隙間に詰まる

  320                     掘削機からの掻き出しに時間が取られる

  330                     1/26:300cm〜330cmまで掘削。1時間

  340

  350

  360

  370                     なかなか進まない

  380                     1/28:330cm〜380cm。2時間。

  390             2号機   粘土をかき出しやすくするため、粘土専用の

  400                     2号機を開発。掘削機から粘土を取り出す作業が

  410                     短縮され、掘削速度が向上した。

  420

  430                     固い粘土層は実に1.5bあった。

  440

  450

  460

  470 砂         1号機  

  480 +粘土              砂が主体で粘土を混じる。

  490                     弁のある1号機に戻す。

  500                     水位は2.7bを維持している。

  510                     この砂の層からも水が出ている

  520

  530

  540                     2/4:310cm〜540cm 2時間。

  550 粘土       2号機   翌日続けようと思ったら、4.5bまで井戸壁が崩落。

                          堀戻しにこの日は終わってしまう。

                          2/5:540cm〜550cm掘り進め。1.5時間。

  560                     翌週見てみると粘土層が崩落し3.5mまで埋まる

570                     水位は地上から2.7mを維持しているのでこの位置で井戸枠を入れることとした。グラインダーで地上からみて2.5〜3.1mと4.6m〜5.6mまでの位置にたての切込みを入れて挿入。途中やはり粘土層で井戸枠の下がりがわるい。体重をかけて5mまで挿入。それ以降は3号機で砂+粘土層を掘りつつ井戸枠を下ろし、最後の20cmは2号機で削りながら挿入し、地上から5.67mで固定。

                                                                                 

思い立ったら止まらない性格なので、一気に掘ってしまいました。5.6m以上掘りたかったのですが、金属の刃を取り付けた1号機でいくら底をグリグリしてみても掘れず、これ以上の掘削を断念しました。2層の粘土層があり、その境界面で水が出ているようなので井戸枠の地上から2.5〜3mと4.5〜5.5メートルの位置にスリット状の集水孔をあけて挿入しました。

 

湧き水量:毎分3-4g

 

湧き水の性状は濁っていてとても水浴びをしたいと思えるもので

はありません。もっとガンガン掘って砂利の層に行きたかったの

ですがどうにも掘れず、2つの位置にスリットをあけてしまった

ので無理に井戸枠をたたけば 破断する恐れもあり、断念。

 

結果として2号井戸の掘削を決心させました。

 

Home  1号井戸の反省のページ

inserted by FC2 system