1号井戸を終えての反省

 

1号井戸の失敗点

l        井戸枠の2箇所に集水の為のスリットをあけてしまった

⇒どっちの水が良いのか悪いのかが分からない

⇒これ以上掘ろうと思っても不適切な地層から水が入ってくる

⇒これ以上掘ろうと思っても井戸枠を押し込む際に地面に近いほう のスリットの部分で井戸枠自体が破断する可能性がある

l        不便で電源を取りにくいところに作ってしまった

 

 ◎2号井戸掘削に向けての改善策

l        壁が崩れやすい粘土層を突破した時点で井戸枠を挿入するが  井戸枠には下から1mの位置までスリットでなく無数の集水孔をあける(スリットだと強度が落ちそうなので)

l        砂利の層まで掘り進める。地上より2.7mの水は使わない

l        便利な家の正面でもともと洗い場のある場所の横に掘る

 

Home          2号井戸掘削日記へ





inserted by FC2 system